注文住宅は技術力がある業者に建ててもらいましょう!

積み木の家

地震の被害から家を守る

一戸建て

近年人気がある一戸建て住宅は、耐震構造をしています。その理由は大きな地震が起こったとしても被害を最小限に抑えることができるからです。日本は地震大国と言われているくらい頻繁に地震が起こっています。気づかないだけで1日に数百回起こることもあるのです。そのうちの1回でも大きいものがくると、住宅の状態によっては倒壊してしまうでしょう。ですから、できるだけ一戸建ては耐震構造になっているものが良いのです。

耐震構造に優れているのが、コンクリート造りです。コンクリートは地震に強いだけでなく、耐火性もあります。そのため、もしも火事が起こったとしても全焼しづらいのが特徴的です。木造住宅は木でできているため大きな地震が起こった場合すぐに倒壊してしまいますし、家事になると全焼してしまいます。このようにコンクリート造りは木造住宅と正反対なのです。

中古一戸建てや新築一戸建てなど種類がありますが、購入をする場合は耐震レベルを見ておきましょう。中古でも十分に耐震されているものがありますので、心配しなくても良いです。不動産会社に相談をすれば、どのくらいの耐震レベルなのか教えてくれます。
一戸建て住宅を購入するときは価格ばかりを気にする方が多いですが、安全な暮らしをするためにも耐震のチェックもしっかりと行なっていた方が良いのです。近年は免震構造の住宅もありますから、そのようなタイプを選んでみても良いでしょう。こちらも地震による被害を軽減できると言われています。