記事一覧

鳩の糞害への対策

鳩

衛生対策に気をつける

多くの人にとって鳩害と聞いて思い浮かびやすいのは、糞害ではないでしょうか。実際都会の街中でも街路樹や電柱、電線の下の道路がフンだらけになっている光景はありふれたものです。ところがこの糞害、ただ汚いというだけの問題ではありません。異臭はもちろんのこと、病原体や寄生虫の媒介といった問題もはらんでいます。既に自宅が鳩害に遭っていて庭やベランダが糞だらけ、という場合には住民に健康被害が生じる前に早急に対策をとりましょう。まず汚れをそのままにしておくのは良くありませんが、掃除する場合には使い捨てのマスクと手袋の着用を厳守し、出来れば防護眼鏡の着用をするなど衛生対策に気をつけてください。掃除に使用したものは使い捨てが原則であり、使いまわすものに関しては掃除専用にしましょう。古い新聞紙や使い古した洋服などを上手く活用しましょう。乾燥していると汚れが落としにくいので、水をかけて軽くふやかすと掃除しやすくなります。また乾燥している事による飛散の防止にも役立ちます。ただいくら掃除しても根本的な解決にはならないので、鳩が来なくなるような工夫も必要です。防鳥ネットやテグスを使用するなどして、鳩の撃退も同時並行で行いましょう。ある程度被害が大きい場合には、鳩撃退専門の業者に連絡して作業してもらったほうが便利です。業者であれば面倒な糞の清掃を始め、鳩害対策全般について相談にのってくれます。鳩は意外と執念深い性格をしており、気に入った場所には繰り返しやってきます。そのため素人の鳩害対策では、効果があまり見られない場合も多々あります。鳩の生態を熟知した業者であれば効果的な鳩害対策によって鳩の飛来を大幅に削減する事も可能であり、掃除の手間も省くことが出来ます。